尾本玄翠 プロフィール

来歴

1952年滋賀県彦根市生まれ。中学・高校時代は吹奏楽部、大学時代は軽音楽部に所属。
企業での技術開発に携わる一方、みやびで荘厳な雅楽に魅かれ篳篥の演奏を習う。蘆舌を作るうち、本管の製作に興味が移り、独学で篳篥を作りはじめる。
その後、雅楽器師である京都山田家 楽匠六代目 山田英明氏に師事し、篳篥、龍笛、能管製作の伝統的な製作技法を学んだ。
2010年より琵琶湖の畔の工房で本格的な製作活動に入る。

受賞

  • 第59回(平成22年度)彦根市美術展覧会 美術工芸部門 特選
  • 第60回(平成23年度)彦根市美術展覧会 美術工芸部門 入選
  • 第61回(平成24年度)彦根市美術展覧会 美術工芸部門 特選
  • 第62回(平成25年度)彦根市美術展覧会 美術工芸部門 市展賞

メディア掲載